MENU

育ちのよさと病的なもの

"人一倍肌が白い人に対して感じるのは、育ちのよさと病的なものです。日本人の肌は欧米人のように透明感のある白さ
ではなく、一般的に少し黄味を帯びた白さです。ところが
たまに日本人のなかにも、欧米人のような真っ白い肌の
持ち主がいます。

このような人は先天的に色素が不足しているタイプの人が
多いのではないでしょうか。肌だけではなく瞳の色も一般の
日本人より薄く茶系で体毛も色が薄い印象です。このため
欧米人の白さとは違い、病的な印象を受けます。健康的
な人には見えない場合が多いのです。

それは一方では育ちのよさという印象にもとれます。幼少
の頃から大事に育てられて、屋外で遊んだ経験がないため
ほとんど日焼けしていないように見えるからです。

個人的には肌の白すぎる女性は苦手です。美しい女性も
健康的であってこそ輝いて見えるからです。病的な美しさ
というのは好みではありません。色黒の女性も困りますが
少しくらい日焼けしても屋外での生活を楽しむくらいの
健康美人を好ましく感じます。

"